ソファを置かないという選択〜ファミリー編〜

お子様が走り回れる広々LDK。ダイニングとラグマットで、ワイワイゴロゴロするのも幸せですね。

ダイニングテーブルを斜め置きすると"こなれ感"が出ておしゃれ。

シンプルだけれど、木の質感とブルーのアクセントが魅力的なダイニング。

背もたれのあるベンチって、何気にありがたい。

キッチン脇のサブ収納もアンティーク加工で温もりを。

ママに嬉しい"プチ書斎"。キッチンのすぐ隣なのが嬉しいですね。

和室と扉を"アクセントファブリック"で目隠し。
お部屋のポイントになって、とっても素敵。

散らかりがちなキッチンカウンターにはオリジナルの棚を製作。
お持ちのキッチン雑貨も光にあたって輝いています。

木目の美しい"収納 兼 飾り棚"。
ご家族の想い出をたくさん並べて欲しいです♪

ダイニングテーブルを斜め置きすると"こなれ感"が出てお...
シンプルだけれど、木の質感とブルーのアクセントが魅力的...
背もたれのあるベンチって、何気にありがたい。
キッチン脇のサブ収納もアンティーク加工で温もりを。</...
ママに嬉しい"プチ書斎"。キッチンのすぐ隣なのが嬉しい...
和室と扉を"アクセントファブリック"で目隠し。...
散らかりがちなキッチンカウンターにはオリジナルの棚を製...
木目の美しい"収納 兼 飾り棚"。ご家族の想い...
  • Before
  • After

「ソファはやめようと思ってます」

とっても素敵で、「いいな〜。憧れるな〜」とスタッフ達も羨ましく思ったお住い。
でも、意外にもソファを置く場所が難しく、存在感が大きく動線の妨げにもなってしまってお悩みの種に。
そこでお客様、いっそソファを無くしてしまおう、と思い至ったのでした。

テレビに合わせた低い生活。

それも1つの選択肢。
床座りはお子様とも過ごしやすいですし。
でも今回は、隣の和室にもう1つの「団欒スペース」ができるので、せっかくだからダイニングテーブルを置きましょう♪

低いテーブルとダイニングテーブル、どっちがいいだろう。

正直、それはお客様みな様の生活習慣次第。
今回は、カウンターの背がしっかりあったり、階段があったり、上の方に収納が付いていたりと、目線が上に行きがち。
床に座っていると、どうしても目線より上の方が気になって圧迫感を感じやすい状態でした。

意外と気になる"ちょっとしたズレ"

皆さま、どこだか気付きましたでしょうか?
そう、私たちが気になったのは・・・「ピアノと襖の幅のズレ」。
これは、仕方のない部分なのですが、気になる!